日本の奨学金制度について

大学に行く時には奨学金を利用する 奨学金という言葉を聞いたことがある人はいると思います。専門学校や大学に進学する時に姉たちが利用していました。この奨学金。第1種と第2種という区分があります。第1種は無利子。第2種は有利子となっています。

第2種については、在学中の返済分については無利子となるようです。この奨学金いずれも返済する人は学生本人です。奨学金は、日本学生支援機構が運営しています。なので、この日本学生支援機構に奨学金を返済していくことになります。申込方法としては、入学する前の申込(予約採用)、在学中の申込(在学採用)があります。そしていずれの申込方法でも、学力基準と家計基準によって、第1種、第2種に判定されます。姉たちは、高校卒業後に大学、専門学校とそれぞれ別々の選択をしていましたが、どちらについても奨学金を利用して通学していました。また、卒業してからの返済もしています。奨学金制度を使用することによって子供達が行きたい選択肢が増えることはいいことだと思います。ですが、奨学金からも利子をつける必要があるのかはとても謎です。ただ、将来子供だちが自由に選択できるように奨学金だけでなく、国としてどうしていくのかは、考えていく必要があると思います。


Copyright(c) 2018 大学に行く時には奨学金を利用する All Rights Reserved.