有償貸与の奨学金の問題と、解決法の一つのご提案

大学に行く時には奨学金を利用する 昔は奨学金といえば、勉強ができて賢いけれど、家が貧乏で大学や高校に行けない学生が取得するもの、というイメージがありましたが、現在、無償貸与のものはまだそのようなイメージも残っていますが、有償貸与、いわゆる卒業と同時に利息がつきはじめる貸与は、学生ローンとそう変りません。

また、最近は新卒でも就職の出来ない人や、就職をしてもお給料が少なかったり、自分が思っていたのと違う会社に入ってしまって会社をやめてしまう若者も多いです。そうなると、返済が滞り、滞った分だけ利息が増えることになります。そうなると、督促がきたり、差し押さえをされたり、通常の借金と変りません。

借りたものを返すことは当然でしょうが、現在の社会状況に合ったシステムの見直しも必要だと考えます。有償貸与の奨学金は、ご両親や保護者の方とも相談して、卒業後一括で返してしまう人もいます。もし、保護者がお金を返せる程稼げなければ、返せるだけ返してローンとして返済していき、返せれば無利子の状態にするために一括で返してしまう。よっぽどの家庭環境の人は、無利子の貸与になるので、有償貸与になる人は、ご家族と相談して、ちょっとした保険代わりに奨学金を使うのも、安心して学業を続ける方法かもしれません。


Copyright(c) 2018 大学に行く時には奨学金を利用する All Rights Reserved.