早めに返済を終えたい奨学金

大学に行く時には奨学金を利用する 大学時代、親から仕送りをいただくことなく生活を行っていました。親には学費をお願いし、生活費だけでは自分で何とかしようと考えたのです。大学生活が始まってから2年間くらいは、アルバイトで生活費を賄うことができていたのですが、徐々に研究が忙しくなったり、就職活動が始まったりなど、アルバイトに充てる時間が無くなってしまい、その時に頼りにしたのが奨学金だったのです。奨学金があったので、何とか生活をすることができました。ですから奨学金という制度には、本当に感謝しています。

社会人になった現在、毎月奨学金の返済を行っています。現在、奨学金以外にも車のローンを支払っていますので、どちらかを早めに返済したいと思っています。金額的には奨学金の返済の方が大きいので、まずは車のローンの返済をできる限り早く行いたいです。そうすれば、返済額の大きい奨学金の返済に力を入れることが可能です。取りあえず奨学金の返済に関しては、絶対に遅れることが無いように気を付けています。何故なら奨学金は、学生にとって大変大切な存在だからです。私が利用したように、これから利用したい学生はたくさんおります。その方々の迷惑にならないよう、しっかりと返済します。


Copyright(c) 2018 大学に行く時には奨学金を利用する All Rights Reserved.