卒業後の奨学金返還を安くするために

大学に行く時には奨学金を利用する 大学に通うと思うと、一番の問題はお金の面です。特に私立大学に通いたいと言うと、年間の学費は軽く100万円を超えるので、多くの学生は毎月ごとに一定額を振込まれる奨学金という制度を利用します。ここで振込まれる金額を全額又は一部として学費を納める事が多いケースになります。

ただ、この奨学金というものは一般的には卒業後に返還をしていかなければなりません。その合計金額も年間100万円と考えると、私立の4年制大学を卒業すると400万円の返還をしていかなければなりません。しかも、この金額だけではなく、貸付利子という物も付加され、最終的には600万円程度まで膨らみます。社会人になり、将来の為に貯蓄をしようと考えると、あまりにも大きすぎます。ただ、この奨学金も実は学生時代の成績次第では額を少なくする事が出来るのです。

奨学金は大きく分けて、1種と2種があります。この内、多くの学生は申込の段階で2種に採用され利息が付く形となります。ただし、学業での成績が良いと、1種に採用され無利息にて奨学金を借りる事が出来ます。この2つの種類の差は額にして200万円程度、この差を考えると、しっかり勉強して200万円得するという事になります。大学に入り、中々勉強する気になれないという学生も多いですが、しっかり勉強をすると200万円得するという事をお子様に伝えて上げれば、きっと勉強にも力が入るのではないでしょうか。


Copyright(c) 2018 大学に行く時には奨学金を利用する All Rights Reserved.