奨学金に頼り過ぎないことが大切

大学に行く時には奨学金を利用する 大学時代に奨学金をもらっていました。学生支援機構のような大学外部の奨学金ではなく、大学が設けていた奨学金を利用しました。大学の奨学金を選んだのに特別な理由はなく、入学時に案内があったので親とその日のうちに手続きをしただけです。どちらにせよ、卒業してから返済義務が生じるに変わりはありませんでした。当時から奨学金の返済に困る若者が増えているというニュースを耳にしていましたので、奨学金は利用するけれど、とにかく計画的に利用していこうと考えました。

奨学金を利用したのは親の負担を減らすためです。地方から東京の大学に通うために一人暮らしをすることになりましたが、親の仕送りだけに甘えたくありませんでした。しかし先述の通り、奨学金の返済という懸案が将来的に出てくる可能性を考えましたので、奨学金だけに頼るのもこわく、アルバイトも並行して続けました。目標は奨学金のお金をなるべく使わずに蓄えとして取っておくことに定めました。もちろんアルバイトだけで生活できるわけもなく、ちょっとずつ奨学金を使っていましたが、丸々使い切ってしまうということもありませんでした。

現在社会人になって働いていますが、とりあえず使わなかった奨学金はそのまま返済しました。大学時代の生活を思いだすとかなりの貧乏生活でしたが、学生時代はそれでいいのかもしれません。奨学金という借金をしながら学生ながらにぜいたくをする必要もないわけです。


Copyright(c) 2018 大学に行く時には奨学金を利用する All Rights Reserved.