奨学金を借りるということ

大学に行く時には奨学金を利用する 最近奨学金の返済ができない人が増えている、という記事をよく見かけます。幸い私も夫も奨学金を借りずに進学したので、奨学金を利用した経験はないのですが、子供が二人いますので、今後奨学金のお世話になる可能性もゼロではありません。まず奨学金とはなんでしょうか。調べてみると奨学金とは能力のある学生に対してお金が借りられる制度で、必ず返還の義務が生ずるものとあります。奨学金とは誰もが利用できるものではなく採用条件と採用枠の中で決められていくものなんですね。

奨学金、平均の借入額は300万を超えているようです。中には1000万円を超えている人もいると記事で読みました。ものすごい高額ですね。これを社会人に出て一年目からコツコツ返していくのは大変そうです。奨学金の返済ができない人が増えているのも納得です。企業に就職し、正社員となるのも難しい時代に奨学金と言う名のローンを子供に抱えさせるのはとてもリスクが大きそうです。正社員となりその後の結婚、出産、住宅購入など環境の変化にも常に奨学金の返済をライフプランに組み込まなければなりませんね。夫婦共が奨学金の返済を抱えていたら家計管理もなかなか大変です。今更ながら両親に感謝です。子供が教育を受けたいと願った時に親として満足いく教育の場を与えられるよう、小さなうちから計画的な貯蓄を行っておかなければと思いました。


Copyright(c) 2018 大学に行く時には奨学金を利用する All Rights Reserved.